神奈川でレンタカーを借りる時に必要なもの

神奈川県内には1時間から利用可能なレンタカー会社が多数あります。事前に予約を行っておけば、希望の車種を好きな時間帯の中でレンタルが出来ます。旅行などで利用すれば行動範囲が広くなり、横浜の観光めぐりの時にも役立つ存在になってくれます。ちなみに、県外のお住いの人などもネットを利用すれば希望エリア内で車をレンタルする事が出来るので、旅行を計画した段階でネットを利用して車を貸してくれる会社を選んでおいて事前予約がお勧めです。予約をする時には自宅の住所や電話番号などの連絡先を申込書に記載して送信すれば良いのですが、当日車を借りる時には自動車の運転免許証が必要になります。尚、自動車の運転免許証は車を運転する人全員のものが必要になるので、予め携帯しておく事が大切です。

免許不携帯での運転は道路交通法違反になります

レンタカーを借りる場合、神奈川県に関係なく必ず用意をしておかなければならないのが自動車の運転免許証です。各会社は車を貸し出す時には自動車の運転免許証の提示を求め、運転資格を持つ人に対して車を貸し出す流れになっています。さらに、自動車の運転免許証は車を運転する全員のものを提示する必要があります。仮に、運転手が1名の場合には運転手の自動車運転免許証だけを提示すれば良いのですが、2名交代で車を運転する場合は各々の運転免許証の提示が必要になります。ちなみに、自動車の運転免許証を提示する理由は、免許不携帯での車の運転は道路交通法違反に値するからです。尚、初めて利用する人は会員登録などを行えば以降の利用時にお得なサービスを受ける事が出来るようになりますが、会員になった場合には会員証などの提示が必要なケースもあるので併せて用意しておきましょう。

ETC機器を標準搭載している場合にはETCカードを用意

神奈川県内には首都圏とのアクセスを容易にしてくれる高速道路があります。高速道路を走行する時に便利なのがETCカードです。ETCカードは専用の機械に挿入しておく事で、料金所を通過する時にキャッシュレスで通過が出来るなどのメリットがあります。レンタカーの車種にはETC装置が標準装備してあるケースが多くなっているので、車を借りる時にETC対応車種であるのか否かを確認しておけば、キャッシュレスで料金所を通過する事が出来るようになります。レンタカーを借りる時の必要書類としてETCカードの提示を求められる事はありませんが、予めETCカードを準備しておけば、借りた車の装置にETCカードを挿入すれば便利です。尚、運転免許証以外にも健康保険証や年金手帳、パスポートなどの本人確認書類が必要になるので併せて準備しておくと安心です。